› 介護の「ふくしあ」-スタッフブログ

2021年08月13日

大人の能力(努力の方向性)

 ケアマネジャーという資格は更新制ということもあり比較的研修の多い職種です。国が目指す地域包括ケアシステムが上手く機能していないのは個々のケアマネジャーの能力が低いからだとの事で、その底上げをする必要があると考えているようです。しかし、いい歳になった私は研修をすれば能力が向上するという考えを今一つ信用することが出来ない。

 能力というものを三角形的にイメージし、底辺を資質、努力を垂直方向へのベクトルとして、それを面積として考えた場合、仮に資質10の者が2努力した場合、能力は10である。資質1の者が20努力した場合、能力は10である。だが、努力すれば報われるというのは限られた範囲の中での話で現実はそれ程甘くはない。底辺が大きくなければ、いくら努力を積み上げても高さも形成されない。身体動作を伴うスポーツを考えれば明白である。日本人の場合どんなに努力しても100mを9秒台で走れた人間は4人(そのうち一人はハーフ)だけである。資質の無い者がどんなに努力しても能力が高まることはない。それどころかスポーツマンやピヤニストなど資質のある者が努力のし過ぎでイップスやジストニアを発症し、資質が台無しになってしまう事もあるのである。

 幼児が母語を習得していく過程で努力感はあまりないと思う。何かの能力を習得していく過程で努力感が募ってくるのは恐らく、資質上の限界点が見えて来ているという事だろう。真正の能力向上は努力感が苦にならない(充実感に満ちている)時に形成されるもののように思う。多くの日本人が中高生という生物学的には成長期にある時期に英語を学習しても実用レベルまで習得することができないのは、言語習得という資質に関しては10代半ばで既に減衰してしまっているという事だろう。

 垂直方向での能力の向上は生物学的成長がほぼ完成する二十歳前後までに形成されたものがその人のベースで、それがその後の人生で上昇したとしてもごくわずかだと思う。成長後の大人に要求されるのは経験による成熟という水平方向的な広がり、イメージとしては三角形的なものから台形的になって行く感じだろうか。その者の持つベースに応じたレベルで、いろいろと経験し幅が広がって行き社会的能力が身に付いていく訳で、常識的に考えれば能力差は広がる事はあっても縮むことは無い。

 坂東玉三郎が以前、師匠から受ける注意は一回だけ、その時その注意の意味を理解できなかったとき二度と注意はしてくれませんと、言っていたがそれが大人の指導というものだろう。厳しさというより合理的判断なのである。注意の内容の重要性を感じ取る資質が受け手に無い場合、いくら注意しても時間の無駄なのである。要するに資質がないのである。自分の資質に応じた範囲内でしか人は成長できい。それだけの事である。(逆も真で、自分の資質を超えて人を指導することは出来ない。指導される側の資質が勝っている場合、指導者にそれを受け入れる度量がないと、威圧という手段をとることになる。)

 中年以降に能力向上の伸びしろなどないであろう。中高年を対象とした能力開発などと言ったものはフィクションであって、現実には能力の減衰が始まっている。もはや指導の対象者ではないのである。自然は冷徹である。中高年に必要なのは能力向上にむけた無駄な努力ではなく、どの様に自分自身を経年変化させていくかだと思う。自分を変えられるのは自分だけである。私が思うに中高年以降に大切なのは心を如何にしなやかにして行けるかだと思う。社会的成功を収めても晩年になって重度の心の硬化を発症し人間的にはまったく魅力のない高齢者もいれば、例え認知症になっても人間的に魅力的な高齢者も結構いるものである。

 心をしなやかにしていくにはどうすればいいのか。「初々しさが大切なの 人に対しても世の中に対しても 人を人とも思わなくなったとき堕落が始まるのね」という茨木のり子の言葉が示唆に富んでいると思う。「自分を大切にするように、隣人を大切にせよ」「たとえ敵対する相手でも人として大事にしろ」というマルコの言葉を思い出す。人は人を人と思うレベルに応じて人格が陶冶され、人は人を人と思わなくなるレベルに応じて心が硬化し醜悪になって行く。

 中高年になり若い時に比べ不機嫌になることが増えたり、他人を許容できなくなってきた場合には、自分の能力以上の事に手を出し過ぎていないかどうか、自分の生き方に何か問題がなかどうか、自分自身の退行から眼を逸らさず冷静に見つめ直す必要があると思う。人を人と思うゆとりを失わない為に。

ケアプランふくしあ  木藤
  


Posted by ふくしあ-セブンスマイル at 11:24コメント(0)
ケアプランふくしあ-居宅介護支援

2021年06月29日

いざ、外出!

6月といえば・・・




紫陽花!








ということで紫陽花を見るためお出かけをしてきました。


例年なら、紫陽花見学の為に幸手市の権現堂まで行くのですが今年はコロナの為、駐車場が開いていないとの事で外出予定を別の場所に行くことにしました。




今回の場所は岩槻の城址公園に決まりました。


城址公園は桜の花の名所として知られていますがこの時期には紫陽花や赤い『八ッ橋』が掛かった菖蒲池に睡蓮、菖蒲が咲き風情を感じることが出来ます。




皆さん橋を渡り見学をすることが出来ました。普段よりも長い距離を歩く姿を見ると、歩行練習でシール帳を作り歩いているために、体力がついているのだとスタッフは驚きと共に嬉しさがありました。






梅雨で曇り予報が一変、天候に恵まれ散策の後はおやつとお茶でお腹を満たし今回の外出は無事に終えることとなりました。













7月には七夕祭りを予定し目下、扇子、風鈴、神輿を絶賛制作中です。
  


Posted by ふくしあ-セブンスマイル at 18:38コメント(0)
ふくしあ-通所介護(デイサービス)

2021年05月26日

らっきょう漬けをしました!

雨が続いたり、晴れて暑くなったりと気温差で体調を崩しやすい季節ですが、、皆様お変わりなく過ごされていますか?
スマイルふくしあの利用者様は今週も晴れた時間に近くの土手や神社まで散歩へ行かれています。
花を見て『この花はなんだろうね~』など話ながら楽しく散歩しています。


神社の前の玉ねぎは日に日に大きく成長をしています。



24日にらっきょう漬けを行ないました。
らっきょうの皮を慣れた手つきで向いてくださり、あっという間にできました。


漬かるのに2週間ほどかかりますが、今から食べるのが楽しみです。


担当はスマイルふくしあ山口でした。  


Posted by ふくしあ-セブンスマイル at 11:55コメント(0)

2021年05月22日

梅雨入り間近・・・


5月に入り各地で例年よりも早く梅雨入りが発表されていますが、関東も今年は早く梅雨入りする予想となっています。
梅雨入り宣言はまだですが、雨が続いていますね。
そんな中の貴重な晴れの日に近くの公園までバラを見にドライブへ行きました。


バラにも色々な種類がありとてもキレイでした!

雨が降っていても室内で活動的に動いているご利用者様たち!!
一緒にゲームを作成し、一緒に盛り上がっています。



先日はふきの皮むきを手伝って下さいました。
『亀の甲より年の劫』とは本当で、慣れた手つきであっという間に皮むきが終わりました。


おやつに細かく切っておにぎりに混ぜて皆様と召し上がりました。
季節の味を美味しく頂きました。

担当はスマイルふくしあ山口でした。  


Posted by ふくしあ-セブンスマイル at 09:28コメント(0)

2021年05月13日

オープンから1ヶ月!!

4月1日から看護小規模多機能型施設〈スマイルふくしあ〉がオープンしました。

4月は利用者様と買い物へ行ったり、買ってきた物品の値札を取って頂いたりと色々な事を手伝って頂きました。


5月と言えば端午の節句です。
鯉のぼり作りも皆様と一緒に行ない素敵な作品が完成しました。
鯉のぼり

越谷の不動橋へも鯉のぼりを見に行ったり、手作り柏餅を召し上がったりと季節を感じて頂きました。



今年は例年に比べ各地で梅雨入り宣言が早いと言われていますが、スマイルふくしあでは花紙を広げたり皆様の力を借りて可愛い壁画を作成しました。
壁画



関東地方も段々と梅雨入りが近づいていますが、天気の良い日は散歩やドライブなどに出かけ花々を楽しみたいと思います。

担当はスマイルふくしあ山口でした。
  


Posted by ふくしあ-セブンスマイル at 16:01コメント(0)

2021年03月28日

いろ彩 ふくしあの家

利用者様と一緒に食器を新聞紙などに包んだり、段ボールを一緒に組み立てを手伝って頂き、3月13日と14日に事業所の移転を行いました。


15日から新しい場所での営業となりましたが、皆様大きな建物の中や外を歩いたり、大きなお風呂での入浴を楽しまれています。

新しい施設で迎えたお彼岸は、今年もぼた餅を皆様と頂きました。



今年は暖かい日が多く、平年より開花予測で10日、満開予測でも9日(埼玉県熊谷市)でしたが、昨年よりは1~2日遅いとのことでした。

この一週間ぐらい前からの朝・晩の送迎中に
利用者様より、「あ・桜が咲いてきている」
「きれい」「ここは桜が咲いているが、あそこは咲いていない」などの声が聞こえておりました。


桜を見ながら「桜の歌」を口ずさむ利用者様もいらっしゃいました。

今年は、残念ながらコロナ禍で、お花見は出来ませんが、車の中より、一瞬でも、和まれる時でした。
来年は、どうぞ、利用者様といっしょに、お花見が出来ますように!!




  


2021年03月06日

ふくしあの家のひな人形




今月3日は桃の節句「ひな祭り」でした。
ふくしあの家もご利用者様といっしょに、お祝いをしました。

まずは、美味しい”ひな祭り特製ランチ”で、お腹一杯になりました。
皆様から好評を頂きました、ちらし寿司に天ぷら、デザートに、甘いイチゴにプチロールケーキ。
しぜんと、笑顔になり「美味しい」「甘い」など、お声が聞こえてきました。




3時のおやつは、もちろん 「ひなあられ」と「桜餅」!!



最後に、ひな人形と記念撮影を行いました。
皆様、とってもいい表情をされていました。




ひな祭りの前に、可愛いひな人形を皆様と作成し持って帰りました。


  


2021年02月24日

第二の人生を力強くスタート

こんにちは、1月からケアプランふくしあにお世話になっています、大原です。
リタイア後、介護保険者証も受け取り皆さんと近い介護支援専門員になりますが、若いスタッフに囲まれて楽しく仕事を再開しています。
コロナのワクチン接種がいよいよ始まっています。私も65歳以上の高齢者で対象になります。順番が回ってきたら受けたと思っています、皆さんはどうでしょうか?      
接種後の不安も大きいと思いますが一人でも多くに方が接種できて、また前のような日常生活が戻ってくるならば・・・と強く思います。今外出も控えていたり、人との交流の機会が減っています、身体にもいろいろ影響が出てきています。前のように外出ができ、人との交流が取れて楽しく毎日が送れて、今年の桜をすっきりした気分で家族や友達、一人静かに眺めたいです。                          
 花粉対策もしっかりしましょうね。 元気に過ごしてください。  
     ケアプランふくしあ 大原  
  


Posted by ふくしあ-セブンスマイル at 17:09コメント(0)
ケアプランふくしあ-居宅介護支援

2021年02月18日

雨水

 寒暖差が大きい日が続いておりますが、皆さま体調変わる事なく過ごせておりますでしょうか?

 さて、本日は雨水です。“雨水とは空から降るものが雪から雨に変わり、積もった雪や氷も解けて水になる“という意味だそうです。農耕の準備を始める目安とされ、春一番が吹く目安にもなっています。加えて雛人形をこの日に飾ると良縁に恵まれると言われているそうです。

 なぜこの話題を書き出したかといいますと…先日訪問したご利用者様の家にとっても立派な雛人形が飾ってありました。その時はどうしてこの時期に?と思っていたのですが、このブログを書くにあたり調べていて合点がいきました。しっかり行事を知っている事、行っている事ってとても素敵な事ですね。
 更に、別のお宅では数日前に蒔いた種から芽が出てきたと見せてくださりました。外出できなくても色々な物事を知っていて楽しまれている姿はとても尊敬します。
 行事をしっかり知っていて行う事って簡単そうに聞こえますが、中々出来ない事と思います。ご利用者様の所にお邪魔して行事事に飾りをしたり行事食を召し上がっているのを見かけると時代や世代という理由で無くしてしまうのをとてももったいなく感じます。
…私自身も雨水を知らなかったので反省を込めて今回のブログと致します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
                                            
  


Posted by ふくしあ-セブンスマイル at 13:41コメント(0)
ケアプランふくしあ-居宅介護支援

2021年02月01日

新型コロナウイルス感染拡大による対応

 1月に入ってから吉川市においても新型コロナウイルスの感染状況の様相が変わってきた印象があります。1月31日時点での吉川市の感染者累計216名、近隣の越谷市1,229名、三郷市584名、松伏町72名(1/28)となっています。私たちの日常の業務においても、陽性者の方と接する機会が出てきているような状況となっております。かような状況を受け、当事業所は職員の分散出勤という業務形態を取り入れリスクの分散と事業の継続を図っていくことと致しました。
 新型コロナウイルスの潜伏期間は14日間であるとされており、平均では4〜6日ほどで発症するようです。検査の結果、新型コロナウイルス感染が陽性であった場合には、発症する3日前から発症後7~10日間程度が感染可能期間、いわゆる人にうつしてしまう可能性のある期間とされています。
 潜伏期間が14日間あることから、新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した場合には、14日間の隔離が必要とされています。
 今後、市内の感染状況に応じて、ご自宅への訪問は避け電話での相談や状況確認をさせて頂いたり、訪問が必要な時には、出来るだけ『1メートル以上の距離、15分以内』の滞在を心掛け私たち自身も感染拡大の媒介者にならないよう充分注意して参りたいと存じます。
 皆様には担当ケアマネジャーと連絡が取りにくいといったようなご不便をおかけする事があろうかと思います。2グループに分かれて交代で出勤していますので、ご相談いただいた内容については担当ケアマネジャーに連絡・調整・対応させていただきます。何卒ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

 PCR検査の感度は北海道大学大学院医学研究院の豊嶋崇徳教授らの調査によると、約90%、特異度は99.9%以上だそうです。特異度が99.9%以上という事は、偽陽性の問題は殆どないのでしょうが、感度が約90%(検体採取時の手際や時期の影響がかなり大きいのであろうと思います)ということなので、数字上、新型コロナに感染していたとしてPCR検査を10回受けた時1回は陰性(偽陰性)の判定が出てしまうということなので、なかなか悩ましい数字だと思います。
 感染症法上、新型コロナウイルス感染症については、期限付きで指定感染症2類相当として位置付けられていますが、その期間が令和3年2月6日をもって終了します。医療のひっ迫状況によっては、3類、4類相当として新たに位置付けられる事になるかも知れません。それによって医療、介護業界も影響を受ける事になると思われますので、注視して行きたいと思います。緊急事態宣言も2月7日までとなっておりますが、現状では延長になりそうです。
 新型コロナウイルス感染症の拡大は続きそうです。立春近しとはいえまだまだ寒い日も続きそうです。くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。
          ケアプランふくしあ  木藤  


Posted by ふくしあ-セブンスマイル at 10:24コメント(0)
ケアプランふくしあ-居宅介護支援