› 介護の「ふくしあ」-スタッフブログ

2017年11月25日

味噌作り

みなさんこんにちは!
空気も澄み渡り遠くの富士山がきれいに見れるような時期になってきましたね。

今回、ふくしあでは毎年恒例の行事になりつつある味噌作りを行いました。
皆さんワイワイと賑やかに楽しまれました!

2017*11*25*1

作業工程は…
まず始めはこうじにぬるま湯をいれなじませます。

2017.11,25,2

ブロック状になっているすり大豆を丁寧にくずします。

2017,11,25

こうじとすり大豆を混ぜ合わせていきます。

2017*11*25*4


団子状に丸めて容器に投げつけていく事で空気入らなくなるそうです。

2017*11*25*5

均等に平らになるようにしていきます。

2017*11*25*7


最後にさらしをかぶせ上に塩をふり密閉して終了です。
おいしく食べられるには半年後!
出来上がったら皆さんに配る予定です。半年後をお楽しみに~

ふくしあ 萩原でした!





  


Posted by ふくしあ-セブンスマイル at 11:51コメント(0)

2017年11月10日

菊の季節

皆様お久しぶりです。
ブログ担当が春日部に移りました。

11月に入り春日部も段々と紅葉し町を彩りはじめましたね。
日も短くなり朝晩の気温がグっと下がってきています。
体調を崩していませんか?
今年はインフルエンザワクチンの製造が過去5年で一番少ないそうです。
なんでもワクチンの培養に失敗してしまったとか…
予防接種をする予定の方はお早めにとの事です。

さて、ふくしあでは室内が大輪の菊であふれています。
5月に苗植えをして、土を作り、植え替えをして肥料をまきと利用者の方に指導してもらいながら
愛でてきた菊が咲いたのです!

さっそく品評会をしました。

20017.11.10

賞をとった菊は玄関に飾ることに

2017.11.10.2

咲き終わると再び芽をだし、来年に植えるそうです。来年も今年の経験を活かしより大きな大輪を目指して挑戦したいと思います。

以上 春日部 萩原でした!

  


Posted by ふくしあ-セブンスマイル at 14:52コメント(0)
ふくしあ-通所介護(デイサービス)

2017年10月25日

人の話を聞くことの難しさ

 『いくら親しい人との楽しいおしゃべりでも、一方的に聞き手にならなければならないときは疲れるのです。職場でも、家庭でも、このようなことはけっこうあるもので、上の者が下の者の話を聞くのがいいのですが、実際には逆のことのほうが多いのです。上司と飲んだときは、家に帰ってからそれを吐き、あらためて家で飲み直さないと眠れないという人がいましたが、これは上司の、酒ではなくて話が飲みこめなかったからです。飲みこめない話をたくさん聞かされると、本当に下痢をする人もいます。話を自分なりに消化できなかったからです。
母親から、祖母や父親のぐちを聞かされつづけた子どもには、心理的な症状が出ることが知られていますが、このように心理的症状を出す人の多くは、家族の葛藤の調整役をしています。調整役とは家族の話の聞き手です。消化できない話や納得できない話をじっと聞かされると、聞いた人が苦しむのです。
プロのカウンセラーにしても、自分の身内の話を聞くのは、ある意味でいちばんやっかいです。相手が相談者だと話を聞くのは一時間の枠内ですが、身内となると時間は無制限だからです。』
『プロのカウンセラーの聞く技術』東山紘久著

 東山紘久氏が、人の話を聞いている途中で、「しかし」、「けれど」とか「でも」という、逆説の接続詞や接続助詞が出てきたら、それはプロの聞き手としは失格だと言っています。しかもそれは、逆説の接続詞を実際に口にしたら失格だというようなレベルではなく、聞き手として、相手に対して「しかし」とか「でも」といったような反発モード的な心の状態になった瞬間に失格だという意味です。プロカウンセラーの凄味のようなものを感じさせられます。ベテランになればなるほど、カウンセラーはListenするだけで、殆どAskする事はないそうです。それが出来るためには、相手がこの人(カウンセラー)だったら、心の悩みを相談することが出来るという気持ちになれるような、自分から語り出すことが出来るようなプレゼンスとしてカウンセラーが機能しなければならない訳で並大抵な事でないと思います。

 人の話を聞くという姿勢の対極的場面としてテレビの政治討論があると思います。相手を論破する為に初めから反発モードで、討論というよりは互いに自己主張しているだけの不毛な状況です。
 「子曰く、君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」。政治とは正に、小人の衆といった観があります。君子というのは一つの理想像であって、現実の政治に於いて君子でいられる人間はいないというのが人間の性のような気がします。

 『村(高森草庵)で、インドの若者とアメリカの若者が共同生活を始めました。ある日、アメリカの若者が訴えに来ました。
「インド人とは、とても一緒に暮らせない」
「何故?」
「だって、あいつらはどこにでも小便をするんだもの!」
翌日、インドの若者が訴えに来ました。
「アメリカ人とは、とても共同生活は出来ない」
「どうして?」
「だって、あいつらは小便をしたあと、決して手を洗わないんだ!」
 両方とも自分が正しいということについて、少しも疑っていません。相手の立場に共感しようなどという余裕は、微塵もあらばこそ。両者の訴えでは、インド人の方がもう少し深刻でしょう。アメリカ人の訴えは衛生上の不潔感に基づいていますが、インド人の場合には宗教的不潔感が関連しているからです。
 この山の共同生活でも、正しい食生活についての論争が続きました。
 生物化学を専攻していたアメリカ人青年が、塩の使い方が多すぎる、といって批判しました。一方、料理を勉強してきた日本人女性達は一歩も譲りません。塩だけではなく、アメリカ人は玄米とごまを要求します。他の人々は米は五分づき。彼女達は手間が倍近くなるのを引受けて、彼に玄米やごまを用意すますが、時々遅くなります。最も正統派たるべき食事が二の次にされるのが、彼には不満のようです。それやこれやで、互いの感情が円満でなくなったとき、私は一つの実話を話しました。
 日本青年協力隊々員の一人が、インドで農業指導をしました。こうすれば生産は倍になる、ということで手とり足とり教えました。いいえ、教えたつもりでした。ところが、一向に実行してくれない。その気配もない。それで彼はもう一度、教えようとしました。すると、向こうの人達はもう我慢できない。というわけで、彼の手足を縛って川の中へ放りこみました。彼の怒りようといったら大変なもの。
 「ひでえやつらだ。ひとがせっかく親切に教えてやろうというのに!」
 インドの農民は言いました。
 「全く、ひでえやつだ。俺達には俺達の伝来のやり方があり、受けついだ知恵があるのに自分のところのやり方を押しつけようとしやがって。黙っておとなしく聞いていれば、いい気になりやがる。いい気のなるにも程があらぁ!」
 この話をした反応が、また面白かった。アメリカの青年はうれしげに、私に尋ねました。
 「あとでその日本人はどうなりましたか。自分の非を悟ったでしょうか」
 彼女達は言いました。
 「彼は結局、わからなかったみたいね。おかしいわね」
 自分のための話でもあったとは、夢にも思いつきません。

 人間は皆、地表に穴を掘りあけない特別なもぐら、です。気付かぬうちに自分が絶対だ、と思うのです。』
『藍の水』押田茂人神父著

人間は他の動物と違って言葉というシンボルを多彩に操り、他者との交流を行っているが、逆にその事で上滑りのような状況を作り出してしまい、哀しいほど人の話を聞く事の出来ない生き物なのかも知れない。夫婦、親子や兄弟といった間に於いてすら「和して同ぜず」といった関係性を築けている人が果たしてどれ位いるのであろうか。むしろ、どんな人間関係よりもよりハードルが高いような気もする。お互いの自律性のレベルによって、その家族の「和して同ぜず」~「同じて和せず(共依存)」といった関係性の偏差値が決まってくるのであろう。
人の話をしっかりと聞くことができるためには、相手に対する深い思い遣りと自他の区別を確りと保つことのできる自律性の確立が要請されているのだと思います。対人援助職という立場にいる身としては、君子などという途方もない地平はさて置いて、せめてもぐらの住人として定住してしまわないよう、とぼとぼと歩んでいきたいと思います。
  


Posted by ふくしあ-セブンスマイル at 08:51コメント(0)
ケアプランふくしあ-居宅介護支援

2017年10月18日

秋を感じるもの

こんにちはface_02
10月も後半戦に突入しました。今年もあと2か月半face_08
今は毎日1日の重みや大切さを感じながら仕事に駆けずり回っています!
ところで、皆様の周りに、秋 は見えますか?
風景であったり、食べ物であったり、服装であったり…虫の声?

紅葉

ハロウイン

暑い夏から解放され、ようやく過ごしやすい季節になったと思っていたら、この数日の寒さ!!
通勤が自転車の私としては朝に晩に骨身にしみます。
巷ではすでにインフルエンザの流行の話が入ってきています。外から帰ったら手洗いうがいは忘れずに

この短い秋、1日を大切に過ごしましょう。天気の良い日は散歩をしながら秋を探してみてください。
こんな秋が見つかりましたとコメントをいただけたら嬉しいです。

ではまた来週に…ケアプランふくしあ 檜木でした。


  


Posted by ふくしあ-セブンスマイル at 18:17コメント(1)
ケアプランふくしあ-居宅介護支援

2017年10月11日

老いを感じる時

 高齢者の気持ちを察することは、他の年代とは違って特有の難しさがあるように思われます。高齢期以外の年代はその時期を当事者として体験した後に、その時期を振り返って客観的に見つめ直すことが出来ますが、高齢期だけは主観的に体験した後に客観的に見つめ直すという視点がありません。
国立長寿医療研究センターで下方浩史氏らが行っている高齢者を対象とした縦断研究において、「老いの自覚」をどんなときに感じるかという調査結果を『「老ける人」「老けない人」はここが違う』という著書で次ように報告されています。
『私達の行っている縦断研究において、「老いの自覚」をどんなときに感じるかを聞いてみたところ、「身体的な変化」よりも「人間関係の変化」を挙げた人のほうが多かったのです。「縦断研究」では、「老いの自覚」について、心理面の面接調査のなかで次のような質問をしています。
「最近6ヶ月の間で、老いを自覚したことはありますか?」
これに「はい」と答えた人には、
「老いを自覚した最大の理由はなんですか?」と質問します。
理由については、病気/身体・容姿の変化/体力の低下/人間関係の変化/心理的兆候(記憶力が悪くなった、など)/その他、などの選択肢があり、その中から選んでもらうようにしました。
すると、いちばん回答数が多かったのが、「人間関係の変化」だった、という訳です。具体例でいうと、一つは職場を引退したり、家族や友人の死に直面したり、といった、人との別れにつながる人間関係の変化を挙げた人が多くいました。離別とういのはいかにも寂しく、老いを考えるきっかけになっても不思議ではありません。
その一方で、孫の誕生や、長寿を祝うための家族の集まりといった、一見喜ばしいようなことも、老いを自覚させる出来事になり得るようなのです。還暦や古希、喜寿といった長寿の祝いも、「ご苦労様、これからはゆっくり休んでください」という意味が込められています。こうした出来事は、周囲が自分を老人と見ていることははっきりと自覚させられる瞬間です。自分の意識に関らず、周りから「あなたはもう高齢ですよ」というレッテルを貼られてしまうようなものです。
このように周りから押しつけられる形で老いを自覚させられると、自ら自覚するよりも大きなショックを受けるのでしょう。(鏡や写真に写った自分の姿にふと驚き自覚的ショックを受けることもあると思うが。)
なかでもいちばんこたえるのが、「わが子と立場が逆転してしまうとき」のようです。今までずっと立場が下だったはずの子どもから、ある日急に「もう歳なんだから」といたわられたり、慰められたり、馬鹿にされたり、といった体験です。確かにいかにも腹立たしく、情けない体験に違いありません。ショックが強いだけに、老いを自覚する瞬間として印象に残りやすいのだと思います。』

 この親子の立場が逆転する時期をどう乗り越えていくのかは、各々家族に与えられた課題なのでしょう。家族と同居している事で逆に孤立感が深まる場面があることは想像に難くないと思います。高齢者の自殺者の多くは家族と同居しており、単身生活は全体の5%以下です。
 評論家の堀秀彦は、「老人が社会にもとめているが、けっして口に出せないものは『いたわり』であるという。老人とは闘い終わった人間であり、いたわり、哀れみ、尊敬といった複雑なものをまぜた目を痛切にもとめている」と語っている。
「受ける手がどんなに美しい形のものか」というゲーテのコトバは、助けを求める人と援助する側の人との授受が自然になされている状況を描写したものであろうが、この様な援助を求める手の差し出し方が出来るためには、相当、自我臭が脱落(とつらく)した人でなければ出来ないような気がします。だから『いたわり』を求めることはけっして口には出せないのでしょう。
 アベノミクスによる一億総活躍しなければならない今の社会が高齢者に求めているのは介護を必要としない「自立」です。しかし、「老い」というものがあたかも予防できるような、ひたすら健康増進に努めなければならないような、老年期というものをそんな狭いひたすら管理されねばならない一点に収斂させてしまっていいのだろうかと、私は思う。ただ言えることは、自立という価値を最優先させる社会環境の中では、誰にとっても老年期は生き難いと思うのだが。

ケアプランふくしあ 木藤
  


Posted by ふくしあ-セブンスマイル at 08:29コメント(0)
ケアプランふくしあ-居宅介護支援

2017年10月04日

秋ですねえ

食欲の秋・読書の秋・スポーツの秋等々過ごしやすい季節になってきました。
寒暖の差があるので皆様風邪等引かないよう、と言う私はもうしっかり風邪からやや喘息気味になってます。
お互い身体が何より大事なので気をつけましょう。

時々ふくしあの家や吉川のデイサービスに我が家のやはり食欲増進中で犬なのかトドなのか?わからない状態になって
きてますが利用者の皆さんへ会いに行ってかわいがって頂いています。

5



利用者さんとも顔なじみになってきたせいか、あまり怖がらずに触りに来てくれます。動物とのふれあいの中で人も犬も
ほっこりした気分になれるようです。これからも皆さんに会いに伺いたいと思います。
10


         ケアプランふくしあ  大澤でした








  


Posted by ふくしあ-セブンスマイル at 09:25コメント(0)

2017年09月27日

オレンジカフェ


ふくしあの家の前の桜並木は落ち葉が落ち、散歩へ行くとカシャカシャと落ち葉の音がします。
落ち葉の音を感じながら『枯れ葉集めて焼き芋したいね~』と話しながら散歩をしています。




☆★☆★☆★☆

21日は第一包括主催のオレンジカフェを行いました。
今回も多くの方に足を運んで頂いて、大賑わいでした。
手品やマンドリン演奏をしながら皆様楽しんで頂けたのではないかと思います。
利用者様とボランティアさんが一緒にすいとんを作って下さり、暖かいおやつも召し上がりました。
次回のオレンジカフェではパン作りなどを予定しています。
皆様のお越しをお待ちしています。




☆★☆★☆★☆

23日は利用者様のご家族が日本舞踊を踊りに来て下さいました。
番傘や扇子など色々な小物を曲ごとに使い分けて踊って下さいました。
他にもダンスをされているとの事で、利用者様と手をつなぎダンスもされました。





以上ふくしあの家山口でした。
次回のブログはケアプランふくしあです。



  


2017年09月20日

敬老の日

9月も半分を過ぎ、ふくしあの家の前の桜並木もだんだんと色ついてきました。
前回ブログに載せた田んぼはあっという間に稲刈りを終えました。
『昔は手で刈ったから大変だったよ』と皆様口をそろえて話してくださいます。

☆★☆★☆★☆★☆

15日は清々しい天気だったので、皆様と越谷レイクタウンの湖へドライブへ行きました。
とても風が気持ちよく、皆様自然と笑顔がこぼれていました。
これから涼しくなるので、また皆様と一緒に行けたらいいなーと思っています。




☆★☆★☆★☆★☆

18日は《敬老の日》でした。
どんな花が良いか聞きながら利用者様と買い物へ行きました。
見事に咲いた花を選ぶ私に『蕾がたくさんついてるほうがいいよ』と教えて下さったりといつも教えて頂けることがたくさんあり感謝しています。
ラッピングも利用者様へお願いし、買ってきたお花の中から好きなお花を選んで頂き日頃の感謝の気持ちでプレゼントさせて頂きました。




敬老の日当日の午後はボランティアさんがコーラスを披露しにきてくださいました。
一緒に歌ったり、きれいな歌声に聞き入ったりととても楽しい時間でした。
18日利用でない方にも聴いてもらえたらと思うので、またお声掛けさせていただこうと思います。




☆★☆★☆★☆★☆

明日21日(木)は第一包括主催のオレンジカフェです。
多くの方にご来場して頂きたいと思います。
オレンジカフェの様子は来週のブログを楽しみにしていてくださいね。


ふくしあの家 山口でした。


  


2017年09月13日

いなほ

ふくしあの家から見える田んぼの様子を見ながら、天気の良い日は毎回皆様とウォーキングをしています。
歩きながら、「蝗はいなくなったね」「昔はよく食べたのよ」などお話ししていました。
今時期の花は何があるかしらね、といつも五感を働かせながらウォーキングを楽しんでいます。




まだまだ暑い日はありますが、涼しくなってきたので、いつも庭を気にかけて下さるご利用者様と、お手入れをしました。
庭で見ていた他のご利用者様も車の間から駆けつけ、草取りを手伝って下さいました。
いつも感謝の気持ちでいっぱいです。





地域の方からメダカを頂きました。
皆様メダカの水槽をのぞいて新しい仲間を可愛がってくださっています。



ふくしあの家 阿部

  


2017年09月06日

長月

9月に入り過ごしやすい気温になりましたね。
涼しくなってふくしあの家の利用者様も散歩へ出る機会が多くなりました。
歩きながら田んぼの穂をみて『新米が楽しみだね』と皆様口をそろえて話しています。
7月に作った味噌を新米で食べれることを楽しみにしています。



天気の良い日は車でコスモスを見にも行き季節を感じて頂いています。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ふくしあの家では11月の市民祭りの準備を皆様の力を借りて袋詰めなどをしています。
『これいくらくらいにしますか?』など話しながら袋詰めをして頂いています。
市民祭りを今から楽しみにしています。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★

9月も21日に第一包括支援センター主催のオレンジカフェを開催致します。
多くの方のご来場をお待ちしています。


ふくしあの家 山口